ブログトップ

新虹(あらぬーじ)です。

はいさい! 新虹(あらぬーじ)です。

今回のブログを担当させて頂きますSです。


プレリュードは音楽祭ということで、曲の紹介をさせていただきます。

前回紹介した(6月11日)の『いちゅび小節』に続いて、今回、紹介させて頂くのは『固み節(かたみぶし)』という曲です。



まずは歌詞をそのまま記載させて頂きますね。

※本来は4番まである曲なのですが、あらぬーじの演舞では1番と3番を使用します。


1番

『さてむめでたや 此(く)ぬ御代(みゆ) に

さぁ 祝いぬ 限りねらん(限りねさみ)

遊ぶ楽しむ エースリ

我んや 形見呉(く)いら 千才迄(ちとしまでぃ)ん』


3番

『無蔵(むずん)とぅ我んとぅや 元(むとぅ)ゆりぬ 

さぁ 契りぬ 深さあたん(深さあむね)』

遊ぶ楽しむ エースリ

我んや 形見呉いら 千才迄ん』


なんとなくですが意味はわかるような気はしますでしょうか。現代語に近いかもしれませんね。


4番まで含めた曲の全体の意味を紹介します。

曲のコンセプトが伝わりやすいように少し順番も変えました。


『ああ、めでたい、なんとめでたい日だろうか。
祝っても祝っても限りがないほどだ。

あなたとわたしは前世からの深い契りで結ばれていたのだ。

あなたと一緒に年を重ねたい。
百年先までこの気持が変わりませんように。

あなたに私の形見をあげよう。
千年先まで私の気持ちが残るように』


…なんかすごいですよね(^_^;) 


前世から始まって、現世、そして死後、1000年先まで
二人の絆が続きますようにと願った曲です。


そういえばこの歌詞の感じ、どこかで・・・?と思ったのですが、

沖縄を代表する工芸品に「ミンサー織り」というものがあります。

柄をみれば、「あれか!」と誰もが思う有名な柄です。

その柄の模様には「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く」という思いが込められているそうです。


また、auのCMで有名な『海の声』の歌詞にも「たとえ僕がおじいさんになっても、ここで歌ってる、君だけを想って」
というのもあります。


「ずっとあなたを愛しています」という気持ちを壮大な時間軸をもって、かつ率直に伝えるのが
沖縄の詩の特徴なのかもしれません。

もしそうなら『固み節』の歌詞は、まさにそれそのものです。

たった数行の文章で、過去と未来、時間の永遠さと自分の想いを伝えているのもすごいのですが、同時に、今、現在の、この瞬間しかない人生の喜びや、本人たちや、周りの人たちの笑顔とかが、
みずみずしさを伴って感じられたりもして、その歌詞の精妙さに驚いたりもします。


『固み節』には幸せしかない。


さて、幸せとめでたさ全開の『固み節』ですが、これが実は演者泣かせの曲というか、
初心者にとってはひとつの山場の演目でもあります。

一番と二番で異なる動き、日本舞踊的な動きや、平敷屋エイサー(古典エイサー)的なモチーフ、
渋くて決まればめちゃくちゃかっこいいんですが、外しやすく外したらめっちゃ目立ってしまう曲です。

とりあえず曲の入りは外さないようにしないと・・・前奏中にドキドキする曲です。

たぶんみんなドキドキしてると思う。

とりあえず最初の目標となる曲、『固み節』の紹介でした。



『固み節』の紹介は以上です。



…と、今度は自分の事を。少しだけ自分語り。


ブログを担当するのは去年に続いて2度目。つまり2年目。

1年続けられました。

このタイミングで、自分が入団したときの気持ちを振り返っています。



人前で踊ることとか、大きな声を出すとか、チームでなんかするとか…。

自分の人生にはかけ離れたことで、避けていた部分ではあったんだけど、
プレリュードで勇壮なエイサーの演舞を観たとき、なんというか、帰り道に

(今の自分に必要なこと、ほとんど入ってるから、勉強させてもらったほうがいい)

って気持ちになったんですよね。

1年続けて、「めっちゃ緊張するw」から、とりあえず踊れるようになって。身体もうごいてくれて。

一言で「成長した」とかいうととたんに陳腐になってしまうのだけれど。

語彙力のなさがくやしい。

受け取ったものが多すぎて、どう返していいのか途方にくれるほどだ。

エイサーだけじゃないんすよね。

本番で覚えたこと、教えてもらったことを出し惜しみしないとか、それができなかったら、せめて楽しんで踊る、
そういうことで返していけたらいいなぁ。


最後に、去年と同じ言葉になってしまいますが、

練習して踊りがうまくなっていくのは嬉しいです。

それで、もし幸運にも、それを観た人が楽しい気分にでもなってもらえたりしたら、
嬉しい気分にさせることができたとしたならば、それは最高に幸せなことなんだと思います。

でもそれって、新虹だけでなく、楽器でも歌でも、全部の団体に参加してる人に言えることですよね。

自分にもそういうものが手に入ったこと、それがとても嬉しかったりします。



長くなってしまいました! 最後まで読んで頂きありがとうございます。

それでは、6月30日(土) 中野ゼロで集まりましょう。

[PR]
by preludemusic | 2018-06-24 20:31 | 参加団体から