ブログトップ

新宿男声合唱団です

新宿男声合唱団でございます。
おこんにちは。

何となく梅雨の季節が迫ってきていますが、いかがお過ごしでしょうか。
今年はやや早目のプレリュードですが、毎年のこのイベントをとても楽しみにしています。

今回新宿男声が歌う予定の歌は、清少納言が残した随筆「枕草子」から「過ぎにしかた 恋しきもの」、
もう1曲は、夏の幕開けにぴったりの某ゲイディーヴァ…と言うにはディーヴァ感薄いのよね、ドラマチックじゃないから、という感じの
ゲイの愛してやまないポップ歌手の歌を歌う予定です。お楽しみに。


ところで、私たちはプレリュードの直前、6月12日に第16回演奏会を開催します。
お知らせは以下のサイトから↓
http://www.geocities.jp/sinjyukudansei/16th_concert/16th_top.html

今回は、
「ルネサンスの闇から光へ」と題したトマス・ビクトリア作曲の聖週間の応唱集を用いた曲、
ウィリアム・シェークスピアの詩にオリジナル曲を作曲していただいた(ピアニストで作曲家の次郎さん作)曲が3曲、
次に、「青春トップ10」と題しましたポップスのステージ、
最後に、プレリュードでも1曲披露する予定の「枕草子」の曲集全5曲を演奏する予定です(こちらも次郎さん)。


「青春トップ10」選んでみて思ったけど、女の歌がほとんどね。ゲイってそうなるのね…
選曲に当たって、かなりの曲数を集めて、「あはあああんこれを落とすのはしのびない」というものがたくさんありましたの。
皆さんにとっての青春なんかこれじゃねえよ、というのもあるでしょうね!
でもね・・・私(竹美)個人のことを言わせていただくと、私に青春時代みたいな明るい時代は無かったわね!

というわけで、団の宣伝に徹しましたが、是非お越しください!
お問い合わせはHPまたは、団員から!

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by preludemusic | 2016-05-30 12:32 | 参加団体から

吹奏楽団 SSK'16

こんばんは!
吹奏楽団 SSK’16(エスエスケー・ワンシックス)です。

久しぶりにミュージックステーションに、
モーニング娘。'16が出演したので、
ハロプロ好きな私にとっては、うれしいフライデーナイっでした!
皆さんは、フライデーナイっをいかがお過ごしでしょうか。


さて、私たちの楽団紹介については→
吹奏楽団SSK'15ってこんな楽団
http://preludetp.exblog.jp/21887116/
という感じです。

私たちの近況ですが、
4月に演奏会を終えまして、ひと息ついて後片付けなどしておりましたら、
5月が終わろうとしていて、
焦りながら急ピッチでプレリュードに向けての準備を進めているところです。

今回のプレリュードのステージでは、
昨年誕生した「トニカ・ウィンドオーケストラ」からの有志と一緒に演奏することになりました。
先日5/21にGreeting Concertと称した初めての演奏会を開催していたので、
私も伺ったんですけど、実に瑞々しくいい演奏会でした。
共演がいまから楽しみです。


明日はーーー

サタデーナイっ!
https://www.youtube.com/watch?v=IiV-aaLo9SM

明日の昼の合同演奏のリハーサルの後は、
他団体との交流で、盛り上がるのもいいかもいいかもっ!

--------------------------------
Twitter: https://twitter.com/ssk14wind
Blog: http://sskwind.blogspot.jp/
[PR]
by preludemusic | 2016-05-27 23:07 | 参加団体から

ensemble MEMORYです!

ensemble MEMORYのヒロです!

昨年のブログは何書いてたかなーと振り返ってましたら、ちょうど良い紹介文があったので、MEMORYについてはこちらをご覧下さい!(雑)
MEMORYとは?→http://preludetp.exblog.jp/21890775/

さてさて、MEMORYはまだゲイ能界では若い団です。メンバーはマダム~ギャルまで様々取り揃えてますよ!イケメン枠が無いのが珠にキズ…でも、お好みのメンバーがきっといるはず!なので、ぜひご来場くださいね(違

ところで、我々は合唱枠で出てるのですが、合唱曲は歌いません!(笑)洋楽の名曲を2曲お届けします!
いわゆるカウンターテナー(女声音域を歌うテナー)を駆使して、男ばかりなのに6パートに分かれて歌います。

初めて聴く方には新鮮に、カウンターテナーをご存じの方には…うん、お手柔らかに(笑)

そんなこんなで、あと1ヶ月追い込んでいきますので、お楽しみに~♪

[PR]
by preludemusic | 2016-05-26 23:30

まだ5月なのに最高気温が30度超えるとか、ぽっちゃりさん(※言葉選んでます)には辛い季節がやってきましたね。こんにちわ・こんばんわ。アンサンブル・ディベルティメントのガイシです。

せっかくの機会なので、団の宣伝も兼ねて管楽器から弦楽器へ移った自分について書いてみようかなと思います。


今年の合同曲として挙がっている「威風堂々」なのですが、トランペットでは何度か演奏したことがあるものの、ヴィオラでの演奏は初めてだし、思っていた以上に難しいので今から緊張しています。ただ、緊張だけでなく、このタイミングで演奏できることの驚きや嬉しさの方が大きい感じです。

以前、「威風堂々」を演奏したのは、同じくpreludeの合同演奏の際となるので5年くらい前の話になるのでしょうか。その頃はまだヴィオラを初めたばかりで譜面を読むのも大変だし、とてもじゃないけど合奏に参加するのは難しく、トランペット(コルネット)で参加したのを覚えています。

周りの友人からも、大人になってから弦楽器を始めることは無謀すぎるとか、やっぱりトランペットを続けた方がいいという話がありましたが、5年くらい懲りずに続けてたら練習に参加できるくらいのレベルになって、演奏会にも参加できるくらいのレベルになって、いつのまにかアンサンブルの本番もやるようになって、また「威風堂々」を演奏する機会が今回やってきました。

自分の成長を感じることができず、イライラしていることが最近多いのですが、ここで5年くらい前の自分と比較すると、確実に出来ることは増えていて、なんなら演奏中に寝ちゃうくらい度胸もつきました。(ぇ
このタイミングでまた「威風堂々」を演奏するのが、これまでの成果を確認する中間試験のように感じていて緊張しているのだと思います。

管楽器をやっている人が弦楽器も始めるというのが、自分の周りでは増えてきた気がします。大人になってから始めるのは、学生のときから始めるのと違って成長のスピードも遅いのかもしれませんが、やりたいと思ったらいつまでも悩むのではなく、まず何か(見学など)行動に移してしまうことと、目標を立てて諦めずに続けることが大事なのかなーと思います。


アンサンブル・ディベルティメントでは随時団員を募集しています。
興味がある方は、こちらよりご連絡ください!!

団HP: http://www.divertimento.jp
見学・入団申し込み専用メールアドレス: office@divertimento.jp
[PR]
by preludemusic | 2016-05-25 01:26 | 参加団体から

みなさんこんばんは、Sing outut! Tokyoです。初回から参加の皆勤賞、今年もプレリュードに参加させてもらえることを大変嬉しく思っています!

Sing out! Tokyoは「合唱」という形式をとることも多いのですが元々の構想は「ボーカルアンサンブル」であり、少人数アンサンブルや曲中のソロなども取り入れて一人一人がしっかりと音楽を作れるような団体でありたい、という思いがあります。扱う音楽のジャンルも様々で。宗教曲や日本の合唱曲以外にもミュージカルやポップス、定期演奏会でもオペラの抜粋演奏をしたこともあります。演奏会以外にも年一回の合宿や忘年会で様々な少人数ユニットが思い思いに音楽を表現したり、施設への慰問演奏など、活動の幅も多岐に渡ります。

また、Sing out! Tokyoは今年の9/11に都内某所で演奏会を予定しています。当団は2年に一回の頻度で演奏会を行っており、この次は再来年…ぜひこの機会に足を運んでいただければ幸いですが、どんな演奏をするの?と思われる方はプレリュードに是非!当団のみならず様々な団の演奏が聴ける貴重でお得な機会です!

プレリュードが縁で楽器の団体とも交流が生まれ、演奏会に賛助出演頂くような繋がりもできました。来ていただくお客様にも音楽を通して私たちの思いが伝わるよう、練習に励んでいきます。6/25、会場でみなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

[PR]
by preludemusic | 2016-05-24 23:10 | 参加団体から

クワイヤーボーイズの「中の人」です。

関東某所のココイチに来ております。
あまりに自宅近所のこのココイチに来すぎているので、絶対あだ名付けられてると思う。
基本、チキンカツカレーのキノコトッピングを頼むので、『キノコ大好きチキン野郎』とかそんなあたりじゃなかろうか(被害妄想)。
チキン野郎なのはぶっちゃけ否定しないし、キノコも大好きなので全く間違ってないですね。

そして今日も店員さんがくるやいなや、上記のブツを頼んで、待ちながらこれをしたためているってわけです。

さて!

クワイヤーボーイズは都内で活動しているゲイ男声合唱団っす!!
面倒なやりとり抜きで男声合唱の迫力とトロトロな表現力を客席にぶちこんでるっす!
演奏中は音の出る機械の操作、撮影、録音は無理っす!
プレリュード当日の演奏はもちろん、11月の定期演奏会では都内某所で複数待機してるっす!!!!!
足なし場所あり。


やばい疲れてきた。

今回のプレリュードでは、当団は二曲演奏予定です。
この記事ではそのうちの一曲、を紹介します。
当団の合唱魔人『恒汰』マエストロの下、人気の作曲家信長貴富先生の名曲、「とむらいのあとは」をしっとりと歌い上げます。

無伴奏の男声合唱の味わいと迫力を存分にお楽しみ下さい。
音楽の力、詞のちからに魂を込めてお届けできたらと思います。

ちなみに、もう一曲の演奏曲をフラゲするとは「道」という曲です。
「道」、っていってもいろいろなアーティストの曲がありますが、それは次回以降のクワイヤーボーイズのブログにて!

(でも、「とむらいのあとは道」ってなんだか焼き場帰りの親族一行みたいで縁起でもないわね?)


ちなみに、クワイヤーボーイズ演奏会は11/27(日)
神奈川県某所にて開催いたします。
組合MENの皆さんオンリーで実施させていただいております。
今年のお楽しみステージのテーマは
『卒業ー記念にください ボタンをひとつーです。
さまざまなを込めて準備中でございます。

クワイヤーボーイズは老舗のゲイ男声合唱団でありながら、昨今は若手の台頭著しいノリにノった合唱団でございます。
プレリュードでも演奏会でも、うちの団の歌、聞きにいらっしゃ~い~な~~。

[PR]
by preludemusic | 2016-05-23 19:15 | 参加団体から

こんにちは。
プレリュード実行委員会委員長の竹美ほむらです。
昨年に引き続き、きゅうべえと契約して魔法少女となり、委員長を務めさせていただきます。


今年は、いつも使っているホール、なかのZEROではなく、タワーホール船堀での開催となります。
時期も梅雨のまっただ中。どうなるのかしら・・・もちろん大丈夫よ!!!
今週末からは合同曲の練習も始まりますしね!

今年は、いつも素敵な衣装とトークで会場を沸かせるエスムラルダさんと、
LGBT問題にも積極的に取り組んでおられる若手イケメン弁護士、山下さんに司会をお願いいたしました。
梅雨の時期の、おそらくうっとおしい季節だと思いますが、一緒に楽しい時間をお過ごしいただけるように、今年も実行委員会が全力で企画を進めています。ぜひお楽しみに!!!
[PR]
by preludemusic | 2016-05-22 22:15 | ごあいさつ