ブログトップ

にゃにゃー!

こんばんはー!NECOパンチです☆

去年の初ステージで、歌い終わった直後に、司会さんとのトークの中で「皆さん...ネコなんですか?」と聞かれてしまった私達。

真実は貴方の目でしか確かめられない。

誰がネコで誰がネコじゃないのか!? 本当にタチはいるのか!?

いざや7/12(土)は中野ZERO大ホールに!開場は12:45!







えー、いきなり締めが来てしまいました。

やりなおしw

今回我々は、Preludeに合わせて、衣装も作成しました。今回歌う2曲に合わせたイメージの衣装。

それは。



つなぎ!

そう、あの作業着。つなぎを衣装にします。

でも、単なるつなぎじゃないです。

何と、胸と背中には、堂々と「NECO PUNCH」のロゴが!NECOパンチ・グラフィックデザイン班の血と汗と涙の結晶が今ここに!

イメージ図は見せてもらったんですが、今週には現物が届くとのこと。来週ある、最後の練習の時には、本物とご対面!わー!

さて、ここで質問です。

衣装がつなぎに合う曲って…?

答えはPrelude当日のお楽しみ!

メンバーが随時記事をアップしているFacebookページはこちら!(https://www.facebook.com/pages/NECO-Punch/180022462169300

ホームページ(http://www.ncp-c.com/top.html
Twitter(https://twitter.com/necopunch_tw

もよろしくお願いします!
[PR]
by preludemusic | 2014-06-30 22:00

こんにちは。遅れてきた新宿男声合唱団でございます。


ついに6月も終わりですね・・・梅雨空、とも言い切れない天候が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。


先日も某公民館でプレリュードに向けた練習をしていたら、
この世の終わりかと思うような突風と雷と雨で公民館の外の視界が真っ白に。

嵐を目にした団員がポツリ一言:
あ~よかったぁ、中にいて。
花*花。

それを聞いて、ホント、私、この団に入ってよかった~って思ったね。


次第に公民館のベランダに水が溜まり始め、このまま行けば室内に水が・・・というところまで水が来てしまいました。


室内に水が入りそうだったときの私たち:
このままじゃ浸水しちゃうね~(無関心)
浸水したら・・・私たちが責任問われるのかしら・・・
正直面倒だわ・・・!!!(心の声)
(公民館の人が排水管のつまりを取り除いてくれたとき)よかった~雨の中ありがと~おつかれ~(誠意ゼロの感謝)


梅雨と言うよりも東南アジアのスコールのような日々。嫌いじゃないわ。
あなたと、熱帯。


その練習の後、団員の家でトニー賞授賞式の録画を鑑賞。
ついでに「吉原炎上」を多重副音声(団員の突っ込みと言う)付で鑑賞しました。


私があんたにしたこと・・・あたしにもしてごらん・・・はああっんッ・・・(パリーン)
ここはあたいの部屋だ!出てお行き!
男が欲ッしいんだよッ!
女郎ですよ
諦めなされぇぇ
燃えちまえ~!


この前は同じ部屋でアカデミー賞授賞式を見てから「Wの悲劇」を多重副音声付で鑑賞。
わが団唯一の外国人メンバーは、日本で、多数のゲイの精神をダメにした映画を2本も鑑賞した形に。あとは「疑惑」ね。ふふふ。

目に焼き付けておきなさい。日本でオネエと遊ぶって・・・そういうことよ!



何の話ぃ?今日ぅうう?

プレリュードの醍醐味、それは大人数で歌ったり演奏したり、
色々な団体の音楽を聴き比べたり(きゃああああ)、
色々な団体の男を見比べたり、
色々な団体のオネエ成分を脳内で抽出したり、
色々な団体の短パン率やヒゲ短髪ガチムチ率を目視確認したり、
色々な団体の・・・


やめて!もう殺さないで!


私の会社の同僚(女性)に言わせれば、「プレリュードはあたしの夏のハイライト」。
ちなみに彼女の夏の楽しみは、某港区のプールサイドのチェアーで一休みして、
誘惑し慣れたオネエたちを観察することよ。
何て微笑ましい夏なの。そういう人生大正解!


プレリュードは、2014年7月12日(土)13時15分開演@なかのZERO大ホール☆です。

ついでに、思い出したら新宿男声合唱団をよろしくお願いします!
[PR]
by preludemusic | 2014-06-30 12:01 | 参加団体から

こんばんは。クワイヤーボーイズです。

日曜日は、練習の日でした。
夕方、練習会場の中でも「ドーン」「バーン」って雷が落ちたな…って音がしていました。
東京近郊の皆さんは、大丈夫でしたか?

・・・さらっと、書き始めましたが。
ホントはもう少し前に、今年1回目のブログの担当が来ていたらしいんですよ…。

【ある日のクワイヤーボーイズ】
団員A 「プレリュードのブログ書かなきゃいけないらしいの」
団員B 「誰が書くの?」
団員A 「ヤダ、アタシ書けないわよ、何書いていいかわかんないし」
団員B 「ってか、俺も書けるわけないから」

…って団内で、誰が書くか、たらいまわし状態(-_-;
仕方がない…と立ち上がりました、「中の人」です。

そんなたらいまわし状態で、ブログ当番の日を、1回スルー・・・。ゴメンナサイ<(_ _)>

さっ。
気を取り直していきましょ。

さて、他の団体さんは、単独ステージで演奏される曲目の紹介とかされているようですが、
うちの団は、「スロースターター」なのか、
「本番
(だけはなぜか上手くできちゃう)女優」なのか、
単独ステージの練習初日が、今日でした・・・(^_^;

団の名誉のために言っておきますが、テキトーではありません。
今年は、プレリュード用の新曲を持ってこなかっただけなんです。
今年の春で、22歳のお誕生日を迎えた老舗合唱団になると、
いろんな曲を歌ってきていますので、
「あの曲、もう一回やってみたい~」とか
「今年の演奏会でやる曲だけど、プレリュードで先にちょっと出しちゃおうっか?」
ってな感じで、選ばれた3曲を披露する予定です。
3曲とも、ウチの団らしい感じな曲かもしれません。

何をやるのかは、次のブログ更新の際にでも、お話ししましょう。
(ちょっとだけ、もったいぶってみました☆)

ではでは☆
[PR]
by preludemusic | 2014-06-30 00:38 | 参加団体から

Ensemble MEMORY 楽曲紹介!

こんにちは! Ensemble MEMORY のヒロです。
また雨の続く日々ですねぇ。

プレリュード本番まで、あと2週間となりました!
僕たちの演奏曲を、ちょっとだけご紹介。

■1曲目は、サン○リー社のおサケのCMソングです。
 オリジナルは石川さゆり、その後竹内まりやなどにも歌われている楽曲で、
 一時期はゴスペラーズのハーモニーでお茶の間にお届けしていたあの曲!

■2曲目は、原曲ビートルズの楽しくあっかるい歌です!
 ひとつの場所(通り)の様子を歌い上げる、ある種のご当地ソングです。
 ご当地ソング……日本で言うと、よこはま・たそがれ、ブルーライトヨコハマ、
 伊勢佐木町ブルース……なぜか横浜ばっかり出てくるな!
 ※僕らが歌うのはもっと軽い曲ですよ~。

■3曲目は、ビリー・ジョエルの美しく繊細なラブ・バラード。
 愛する人に心を開くことを恐れる男は、今また恋を一つ失おうとしている。
 そんな彼の、想いの吐露そして決断……。
 ソプラノからベースまで最大6声のハーモニーで響かせます!


ぜひ聴きに来てくださいね~。

Ensemble MEMORY
http://ensemble-memory.org/
[PR]
by preludemusic | 2014-06-28 21:28 | 参加団体から

Vocal Ensemble「Sing out! Tokyo」です。プレリュード本番まで1ヶ月をとうに切り、練習にも気合いが入ります...今回は曲紹介をば。

一曲目は大変マイナーで日本でも商業上演はほぼされていないに等しい、芥川龍之介の作品をモチーフにしたオフブロードウェイミュージカル作品からの曲です。内容としては「人々を助けなければ行けないと言う重圧に耐えられなくなった教会の若い神父が,つい『火曜日、公園の池で奇跡が起きる』と嘘をついてしまい、人々が奇跡の訪れを待ち望んで池の周りに集まるシーン」と言うものです。(意味不明)アップテンポなピアノにのせた勢いのある曲ですがどこか和音の響きも不穏で、不安と期待の入り交じった複雑な音楽です。

二曲目は対照的なアカペラの合唱曲です。自分のパートを歌っているだけではいまいちどういう曲なのかがよくわからないのですが、皆で歌ってみると各パートの持つ役割が見えてきます。お互いのことを聞きながら歌うことでようやく音を楽しむことが出来る、そんな難しい曲です。歌詞はどちらかというと叙景的で、それ自体に意味を見いだすのは少し難しいです。しかし、言葉から想像出来る景色を思い浮かべながら音を聴いてみると奥行きが一気に広がるような、そんな不思議な曲です。

合同演奏では歌のみならず楽器の皆さんとあわせる面白さもあるので、今から楽しみです!(音量バランスの関係で楽器の皆様にはご迷惑をおかけしておりますが...汗)7月12日、是非プレリュードに足をお運びください!
[PR]
by preludemusic | 2014-06-26 07:30

皆さんこんにちは!
新宿エイサー新虹です。
今期2回目の投稿、皆さんが面白い記事を挙げてられる中、「どうしようかなー」と思いながら書いています。
村上春樹降りてこーいww
さて今回は私たちの演目曲について解説してみたいと思います。

私たちの曲は沖縄民謡なので、基本的に「作曲者、作者不明」です(笑)
また三線の楽譜は「工工四(くんくんしー)」という漢字で書かれたものを用いています。
初めて見るとびっくりするのですが、全て五線譜に置き換える事ができるので、なんくるないさぁ~でございます(笑)

さてさて曲の解説をば。。
■唐船ドーイ(とうしんどーい)
昔沖縄が琉球王国だった頃、中国と貿易を行っていました。
貿易船には大陸から様々な品が運ばれてきました。
もちろん当時の航海技術ですので、「目的地に必ずたどり着ける」という保障が現在よりも非常に低いのでありました。
その為船が陸に近づいてきた事が確認できると「唐船が来たぞー!」という事で、港へ走っていくのでありました。
(当時、中国の事は「唐」と呼んでいたそうです。)
しかし若狭(わかさ)村のおじいさんは走っていこうとしません。
足腰が弱くなっていたからか、はたまた「わしゃあ何度も見たわい」という事からか。
そんな様子を歌った歌なのですが、縁起物の歌であり、沖縄のお祝いの席で踊られる「カチャーシー」でも頻繁に用いられます。
今回はこの歌をトップに演奏させて頂きます♪
-------------
唐船ドーイ さんてーまん
いっさん走(は)ーえーならんしや ユーイヤナ
若狭町村ぬ サー瀬名波ぬ タンメー

唐からの船が来たぞーい!と騒いでも
一目散に走らない人は ユーイヤナ(囃子)
若狭(わかさ)村の瀬名波(せなは)のおじいさん
-------------
ちなみにこの曲は沖縄モノレール(ゆいレール)でも使われているので、ご旅行の際は是非聞いてみてください(^-^)ノ"
[PR]
by preludemusic | 2014-06-25 08:29

初合同練習!

SSK'14です。吹奏集団です。

3日前に合同練習がありましたよ。
都内某所にて。

今回の目玉の「プレリュード10回記念合同演奏 〜参加団体全員乗ります!乗れます!〜(仮)」の練習でした!

個人的に僕は初体験だったのでとても楽しかったです。
前からはディベさんの弦が、後ろからは各合唱団さんの100人くらいの合唱が聴こえきて。エイサーの太鼓が響いてきて。
その中で吹くってのはちょっと感動モノでございました。


テンポや音程のずれ方が弦、管、合唱によって違うってことも初めて体感しました。
(一番の問題は音量ですが〜……。。)
そういう難しさもありますけど、これだけの人数で、それぞれの音楽の表現方法で同じ曲を演奏するというのは
「音楽っていいんだな〜」っていうものすごく基本的なことを思い出させてくれることだと思いました。

とは言え、いろんな団体が一緒に演奏するだけの単なるビックリ企画ではありませんよ。
指揮はとんどさんですからね。
どんな小さなフレーズにも歌心を求められる方です。
合同演奏での披露する2曲はどちらも名曲……、

……おっとあぶない。合同演奏の曲は未発表でしたね、いま曲名を書いてしまうところでした。確認してよかった。。

一曲は、あの大ヒットミュージカルの感涙の歌。
そしてもう一曲。えっと〜、なんと言ったらいいか……、たしかあれは福岡県ですよね、最終的には。
熊本県から出発して複数の県を経由して最終的には福岡県でフィナーレを迎えるっていうこれまた壮大な、九州地方の歌。

10回記念のお祭りではありますが、どちらも素晴らしい歌なので、きちんと歌を届けられたらなと思っております。

ぜひ楽しみに〜〜〜〜。







[PR]
by preludemusic | 2014-06-24 00:01

☆ミ音響侍吹奏楽団☆ミ

2回目の出番!
『元』週末ヒロイン
『現』国民的アイドル兼ダンサー集団
を目指す音響侍吹奏楽団です←
前回とは中の人?が違いますがよろしくお願いします!

さてさて昨年は
日曜朝。題名のない音楽でのオープニングで流れる「キャンディード序曲」

週末ヒロインでお馴染み◯◯いろクローバーZの代表曲「いくぜっ怪盗少女!」
をお送りしました。

お楽しみいただけたでしょうか?

昨年プレリュードで私達の演奏を見ていただいた貴女

我々の演奏会に来てくださった貴女はご存じかと思いますが…
私達はただの吹奏楽団ではありませんの。

何が特別かって?
それは
お・た・の・し・み
おたのしみ(もう古い)

今年の演奏する曲は皆さんが知ってる曲をメドレー仕立てにしてお送りします。
曲の共通点はただ一つだけ
<アイドル!>

そして今回の音響侍は

衣装の中には手作りのものもあるなどなど
私達のオリジナリティがたっぷり…
つい魔法の言葉
「tac◯ta」
も言ってしまいそうなほどの手の入りよう…(意味不明)
だってあたし達
アイドルだもの!←

そんな音響侍らしさがたっぷり詰め込められたメドレーの名前は…
ずばり!
『Cawaii!!〜妖怪アイドルメドレー〜』
Cawaiiは「キャワイイ」つまり可愛いの最上級を意味します。(フィクション)

本当は妖怪なんて失礼しちゃうけど…
キャワイすぎて妖怪みたいって事だからね♡

それでは7月12日中野ゼロホールでお会いするのを楽しみにしてます。


以下
☆お知らせ☆
音響侍吹奏楽団では全パート団員募集中です!
初心者でも気兼ねなくご連絡ください!
『音響侍』吹奏楽団 HP
http://www.geocities.jp/onkyo_smri/
Twitterも良かったらフォローを宜しくお願いします!!
@onkyo_samuraiで検索!
[PR]
by preludemusic | 2014-06-23 22:03 | 参加団体から

こんにちは。弦楽合奏団アンサンブルディベルティメントです。

参加団体の中で唯一の弦楽合奏団です。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの4種類の弦楽器で構成されている楽団です。

さて、今回は去年と同じくイギリスの作曲家ピーター・ウォーロックの「キャプリオール組曲」を演奏します。

ピーター・ウォーロックって誰よ・・・
正直な話、私もこの曲に出会うまでは全く知りませんでした。
しかも、調べてみたらこの人、ペンネームっていうじゃありませんか!
これって、いわゆる「呉田軽穂」とか「CREA」とかそういうこと?みたいな。

とはいえ、最近のクラシック業界ではイギリス音楽がアツいらしいので、チェックしていただきたい作曲家の一人です。

そして今回演奏する「キャプリオール組曲」って、なんだそりゃ?
簡単に解説すると、16世紀に書かれた舞踏の教本を見た作曲者が、それにインスパイアされて音楽にしたものです。
この教本は対話形式で書かれていて、その教え子として描かれている生徒の名前が「キャプリオール」なのです。
全部で6曲で構成されていますが、その中から抜粋して1、2、4、6楽章をお送りします。

聞きどころとしてはこんな感じ・・・

◆第1楽章 バス・ダンス
中世後期およびルネッサンス時代の代表的な宮廷舞踏で、やや速い三拍子。
先生の教えに対して、やや間違いながらも生徒がそれについていくといった対話形式がよく表現されている音楽です。

◆第2楽章 パヴァーヌ
素朴な2拍子の音楽で、ハンドドラムの音に合わせて列になって練り歩きながら踊る。
ダンスの相手を探す時の音楽だそうで、さながらナイトイベントでイケメン探しながら踊ってる的な。

◆第4楽章 ブランル
とても速いテンポの集団の踊りだそうで、基本的は二拍子なのに、実は不規則な混合拍子というなんともややこしい曲。
後半になるにつれてどんどんテンポが速くなるという、踊るにも演奏するにもなんともドSな音楽。

◆第6楽章 マタシャン(剣の舞)
一群の男性による、飾り用の剣を持って踊るダンス。聴いた感じもわりと野郎っぽいです。
剣が重なったり、甲冑に当たったりするような音が表現されているそうです。

最後に団員募集のお知らせを。わたしたちは常時団員募集しています。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスのうちどれかを経験している方でしたら、ぜひ楽しい音楽をご一緒に!

見学希望や入団希望は下のアドレスまでお寄せください。

団HP http://ww.divertimento.jp

見学・入団申し込み専用メールアドレス
office@divertimento
[PR]
by preludemusic | 2014-06-18 20:00 | 参加団体から

にゃーす!

こんばんはー!NECOパンチです。

ブログの方では1年ぶりの、参戦2年目となります。よろしくお願いします!

去年は、初参戦で、中野ZEROの舞台がどれだけ広いか全く分からず、一応、歌う曲に合わせた振り付けを考えてきたものの、当日会場入りしてから

「ひ、広い…」

ということに気づき、慌てて振り付けを追加したことは、懐かしい思い出。

今年も舞台に立つチャンスを頂き、まず最初に考えたことは

「ZEROの大ホールの舞台って、広さどんだけあるのよ?」

ということ。それは簡単に分かりました。だって中野ZEROのホームページに載っているんですもの。

間口 22m
奥行 14m

で、でかい…大きすぎる…。

この舞台を我等が手中に収めるべく、大きさをメンバーに伝え、それを踏まえた上で、リーダーが振り付け素案を作成してきてくれました。

その振り付けを、2時間ほど練習してみたのですが、いつものレッスン場所がマンションの一室なこともあり、どうしても広さが掴みづらい…。

そのため、本番直前の練習では、鏡のあるスタジオを借りて、振り練をする計画も。

今年のNECOパンチには、広さを生かした振り付けをご期待下さい(自らハードルを上げるとも言う)。

NECOパンチってどんなグループなの?とご興味がおありの向きは、以下のページをチェック!


ホームページ
Facebook
Twitter

ではまた!
[PR]
by preludemusic | 2014-06-16 23:20 | 参加団体から