ブログトップ

こんにちは、Prelude事務局です。

きのうの「Prelude2013」開催にあたり、たくさんの方にご来場いただきました。
ありがとうございました。

ご来場の方へはアンケートの記入をお願いしましたが、なんと75%のお客様から
回答いただきました。
アンケートを読ませていただくとみなさまに楽しんでいただけたようで、事務局と
しても演奏者としても(ぼくは合唱で出演していました)、うれしく思います。

一つの団体の単独演奏会とは違って、いろいろな団体の演奏を一度に楽しめるイベ
ントという面でも、ご満足いただけたのではないでしょうか。

アンケートでは、各団への見学・参加希望のお申し出もたくさんいただきました。
当日お渡ししたプログラムにも各団へのアクセス方法等掲載されていますので、
見学・参加希望または演奏会の問い合わせなど、興味をもたれた団体へアクセスし
てみてくださいね!

また、来年へ向けてのいろいろなご意見やアイディア、さらにはこのブログに関す
るご意見もいただきましたので、早速検討させていただきたいと思います!
貴重なご意見ありがとうございました。

なお、きのうもご案内していますが、「Prelude2013」は中野区の後援もいただ
き開催いたしました。ありがとうございました。

さて、気が早いようですが、来年の開催案内です。

★Prelude2014★
2014年7月12日(土)※開演時間等未定
なかのZERO大ホールにて開催

今回ご来場いただいた方も、残念ながら今回ご来場いただけなかった方も、お誘い
あわせのうえ、是非ご来場くださいね!お待ちしています。
[PR]
by preludemusic | 2013-07-22 23:28 | ごあいさつ

いよいよ明日開催!

こんにちは、Prelude事務局です。

いよいよ、今年のPreludeも明日開催となりました。
合唱4団体(うち、初参加1団体)と、吹奏楽2団体、弦楽1団体の計7団体に加え、
ことしは「みんなでブラス!」が復活ということで、昨年以上にパワーアップしています。

合同演奏は
ヴェルディ作曲 歌劇「アイーダ」第2幕より「凱旋行進曲」
をお届けします。サッカーの試合ですっかり有名になったこの曲を出演団体合同で
演奏するとどうなるのか・・・こちらもご期待ください!

LGBTの音楽団体が一堂に会する年に一度のイベント、お誘い合わせのうえ是非
ご来場くださいね。

日 時:7月21日(日) 開場13:00 開演13:30
入場料:1,000円(当日券のみ)
 ※LGBTにご理解のある方であれば、ご来場者のセクシュアリティは問いません
会 場:なかのZERO 大ホール(JR中野駅下車徒歩8分)

入場時にお渡しするプログラムとともにアンケート用紙をお渡しします。
演奏を聴いて、自分も参加してみたい、見学してみたいと思ったら、是非アンケート
用紙に必要事項をご記入ください。また、各団演奏の感想や個別のメッセージも
受け付けていますので、どしどし回答くださいね。

それでは、明日お会いできることを楽しみにしています!
[PR]
by preludemusic | 2013-07-20 19:31 | ごあいさつ

こんばんはー!2回目の登場、NECOパンチです。

いよいよ明後日となりましたPrelude2013。

初参加の私たちとしては、中野ZEROの大きさが実感できず、

「観客と握手できないのかしら?」<オケピがあるだろうから多分無理

「ダイブとかやっていい?」<危険ダメゼッタイ

「紙テープとか飛んできたら避けなきゃね」<飛ばない

など、ありもしない妄想を抱きながら日々の練習に取り組んでおります。<これはホント

明日は、我々の最後の練習日。振り付けも練習するので、いつもよりも1時間早めに集合するそうな。

ちなみに、今回の歌は、以前ちらっとTweetもしましたが、懐かしの歌でございます。懐かしいといっても、80年代アイドル系とかではなく、

70年代アニソン

で勝負です。

70年代のアニメは、その後何度も何度も何度も何度も再放送されていますので、きっと皆さんどこかでは聴いたことがあるはず。

歌は結構いい具合に出来上がってきております。明後日には、振り付けと共に、ベストパフォーマンスがお送りできる(予定)!

それでは皆様、明後日に中野ZEROでお目にかかりましょう!

開演は13:30ですよー!
[PR]
by preludemusic | 2013-07-19 23:04 | 参加団体から

皆様こんばんは、Sing out! Tokyoです。Preludeの日まで後数日足らず、少し涼しくなったと思ったらまた暑くなってしまいましたね。当日は夏の暑さに負けない熱い演奏で会場を盛り上げて行きたいと思いますので、皆様是非足をお運びください!

さて、本日は当日演奏する楽曲について少しご紹介したいと思います。今回当団は編曲は全て当団の練習指揮者によるオリジナルで3曲お届けします。黒人霊歌、ミュージカル曲、J-POPSと一件バラバラに見えるジャンルから選曲していますが、個人的には「祈り」がキーワードとなって繋がっているように感じています。

1曲目の黒人霊歌は非常に有名で、音楽の好き嫌いに関わらず誰もが耳にしたことがある曲だと思います。元々は歌詞のみが先に作られ、その後曲がつけられて有名になったものだそうです。不遇な人生を送ったある男が、航海中に荒天に巻き込まれた後に奇跡的に助かった経験から、「神は必ず自分たちを見ていて、深い恵みを与えてくれる」と言う信仰心を詞にしたものと言われています。

2曲目に選ばれたのはマイナーなミュージカルからゴスペル風のアカペラ曲。歌詞に登場する「Mama」と言う人物に許しを求めるような内容が、ただの母親ではなく聖母をイメージした宗教曲のように解釈出来ます。

そして3曲目は、LGBTにとっては有名なシンガーソングライターが15歳のときに書いたと言う曲。達観したような歌詞でありながら、どこかで彼女が当時抱えていた深い悩みと葛藤をの行き場を探しているような、「救い」を求めているような空気を感じます。私達自身もどこか共感出来るような思いを、団外からゲストとして招いたピアノとチェロの伴奏に乗せてお届けします。


当団のみならず、この数年感の中で各団体それぞれの個性がよりはっきりと出てきていることが確認できるこのイベント。今年もたくさんのお客様とその空気感を共有出来れば何よりです。7月21日、皆様とお会い出来るのを楽しみにしています!

Sing out! Tokyo
[PR]
by preludemusic | 2013-07-18 22:23 | 参加団体から

こんにちは!
ちょっと涼しくなったと思ったらまた暑くなってきましたね。
有権者の皆さん、いかがお過ごしでしょうかッ?

プレリュード2013が今週日曜日(21日)に迫ってまいりました。
我が団を震え上がらせた夏風邪の流行も終わり、あとはもう、打ち上げの飲酒を待つばかりです!

夏と言えば、露出過剰気味の水着をお召しになった大きなお友達や小さなお友達がプールやら海できゃあきゃあ言ってたり、浮き輪に3人くらいしがみついてプカプカ浮いてたりするのが目に浮かびます(遭難じゃありません)。
夏で盛りのついた有権者の皆さんは、涼しい薄暗いホールで音楽聴きながら居眠りこくより、そんなことなさりたいんでしょッ?
実は、プレリュードはそんな皆さんにも優しい時間設定なんです。
13時半開演で、遅くとも16時くらいには終わります。
ってえことはぁ、何ぉと、まだぁSプールにぃ十分間に合う時間なんですぅ。
へーーすごーい知らなかったーーーー
17時以降なら空き始める時間だし、涼しいし、お肌の天敵紫外線も弱いし、
いい時間に違いありません!!!

へえ・・・よく知ってるのね、あんたァ。でも翌日平日よ。

・・・お客が欲しいんだよッ・・・・誰でもいいからさぁ・・・プレリュードに来てぇえええ・・・ここ来てぇぇえここここ!!!来てったらぁああ・・・ゲホゲホ・・・

あんた・・・今までどんな目にあってきたのよ・・・(名取裕子)


さて、今回私たちは、とても有名なミュージカル映画2本から選んだ2曲を歌わせていただきます。
1曲は尼さん軍団が歌うアレ、1曲は歌い出しが桁の大きい数字で始まるアレです。
どちらも大概の姐さん方はご存知だと思うので、
プレッシャーもありますが(この外れクジ!とか言わないで)、
あんなに大きな場所で歌う機会も滅多に無いので、とても楽しみです。
私たちは、歌詞に思いを込めて歌ったりはしませんが、
しっかり歌うことで楽譜の中の何かが表現されていたら、と思います。
桁の大きな数字で始まるアレは、今回は、油断すると歌に気持ちを持っていかれそうです。
団員はそれぞれ誰かや何かやいつかを心に思い描きながら歌うことでしょう。


ともかく、当日、有権者の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
高いところから失礼させていただきますわ。
皆様の清き一票を何卒、何卒、よろしくお願いいたします!!
[PR]
by preludemusic | 2013-07-17 13:44 | 参加団体から

みなさまこんばんは!クワイヤーボーイズです!

投稿しようとしたらメンテナンス中うっかり時間を過ぎていたということにして、後追いで書かせていただきます。ブログって便利ですね。いや違いますね。関係者のみなさま本当に申し訳ございません(笑)。

ということで気を取り直して(?)、前回予告しておりました演奏曲の紹介をさせていただきます!

僕らは2つの曲を演奏します。1曲目は嵐が歌っている「ふるさと」。2曲めは第九でおなじみな「希望のうた」。この2曲とも団員である恒汰くんの編曲で「クワイヤーボーイズバージョン☆」でみなさまにお届けします。

彼の楽曲へのコメントを紹介いたします。

どちらの曲も資料として混声四部の楽譜を参考にしていますが、
男声四部に編曲し直すにあたり、この団の声で歌った時に
原曲の持っているメッセージや温度感が損なわれないように、
なおかつ歌い手の立場でも気持ちよく歌えるように意識しました。

「ふるさと」は、ベース系のあったかい語りかけから始まって
ふわーっと音域や景色が広がっていく感じにしています。

「希望の歌」は、楽譜には表記していない「仕掛け」があります。
生身の声でどれだけ表現の幅がつけられるかに挑戦します。


ということで、僕らも彼の想いをどこまで表現できるのか未だにドキドキしています(笑)が、当日は投票をお済ませのうえ、ぜひプレリュードにご来場ください!


もちろんクワイヤーボーイズも、全力でお待ちしております!!!
[PR]
by preludemusic | 2013-07-16 01:45 | 参加団体から

こんばんは!

黒子組のアカペラバンド「gadgets(ガジェッツ)」です。

この連休はいかがでしたでしょうか?久々のゲイナイトに燃えた方も、(横殴りの雨の昨日を除き)アウトドア、山や海へと向かう本格派な兄貴や、お手軽に某Sプーや某Nプーのランデブーに勤しんだお姐さま方も…色々な形でエンジョイなされた事かと存じます(笑)。

さて、今回の記事は少し番外編的に、前半はバックステージ側の当バンドの取り組みと、後半は個人的にひっそりと「くの一(くのいち)」の如く(?)参加させて頂いている合同演奏についてご紹介します。

バックステージと言えば「音響」や「照明」の方々を連想される方が多いかと思いますが、実はその他色んな役割があって、例えばMCの裏で予め作成しておいたタイムテーブル(時間表)にそって進行具合を管理している係や、ステージ上でそれぞれのグループに出演前後のタイミングで譜面台や指揮台、ピアノ等の出し入れをしたり、タイムテーブルの進行具合に合わせ楽屋とステージを行き来しながら出演者の皆様の誘導をしたりと、実に様々。加えて出演者の順番等そのタイムテープルを最終版になるまで打ち合わせを重ねて変更を加えたり、当日朝のリハーサルで微調整を加える事で本番がよりスムーズに行くように工夫を凝らしたり諸先輩方のご意見を伺ったり。

僕らの他にも受付で頑張っている方々、フライヤーやプログラム作成・印刷・配布に頑張る方々等、なかのZEROのスタッフさんしか触れられない部分を除くと全部コミュニティー完結でこのイベントが運営、特に出演者が運営スタッフとしても貢献する様はまるでオフ・ブロードウェイやサーカスの劇団のようです。色んな個性やバックグラウンドの方が「音楽」を合言葉に集結すると、こんな素敵な「インスピレーション」という光が世に放たれて誰かの心に届くのであれば、それはまた別の形のパレードのようなもの。その一員でいられるのはとても光栄に思います。

でもそう言うとアウェイ感を感じずにいられないそこのあなた(笑)。どうぞ、ただの「音楽祭」だと思って肩肘張らずにお気軽にお越しくださいね♪合唱や吹奏楽が大好きな同志が集まると、みんな実にいい顔をしていますよ。

さて、後半は昨年に続き今年もトリで行われる合同演奏について。

昨年の僕といえば、当バンド参加での出演も黒子も初めてという事もあり合同演奏は遠慮してたのですが、楽曲が名曲だわ、オーケストラが付いているわで感動してウルウルしちゃったのと同時に「来年こそは!」と思っていました。そしたらなんと今年は「歌劇『アイーダ』の『凱旋行進曲』」と言うではありませんか!今年の参加表明には迷いはありませんでした。

先日は当日のリハーサルを除くと最後の合同練習でした。特に最後はオーケストラの皆様とも初顔合わせ&初練習!緊張しましたが、皆さんのクオリティーの高さに終始鳥肌立ちっぱなし!

経験者の方々には当たり前なんでしょうけど、個人的に興味深かったのは、これまでの練習ではグループを越えて一緒に歌う方々との音作り、今回は管弦楽というもう一つのレイヤを加えた時のお互いの響き方の調整、そして当日の指揮者の方々が描く各楽曲の表現に応える様…もちろん譜面は読めてナンボではあるのですが、これまでの過程のどこにもちゃんと「化学反応」が存在していて、それが毎回色んな顔を見せるのは実に面白い。

実はこの化学式に未投入の要素が一つだけあります。

それは、このブログをご覧頂いているあなたを含めた観客の皆様です。その魔法の雫が「最後の最後」に落とされるのですが、その時の化学反応は僕らの練習度では予測し得ないものがあり、それがいわゆる「ライブ」ならではの楽しみでもあります。(もちろんプログラム中どこでもお客様の反応はこちらにはビンビン伝わって来ます!)

そんなカラフルなLGBT音楽祭「プレリュード2013」開催もカウントダウン開始です。どなたさまも音楽を聴いて、感じて、笑ってお帰り頂けるようなイベントに仕上がってきています。是非是非、みなさまお誘い合わせの上お越しくださいませ♪
[PR]
by preludemusic | 2013-07-16 01:02 | 参加団体から

吹奏楽団音響侍です!

皆さんこんばんは。
昨日Gの方はアゲハに出かけられた方が多いのではないでしょうか…

音響侍は今日練習だったので健全に練習です←


今回は普段の練習風景を少しご紹介してみたいと思います。

まず、午前に練習がある場合は個人や各パートでのんびり練習します。最近では9月にある秋のコンサートに向けてアンサンブルも始めてます。
女の朝は優雅に過ごすべきよね…?

そして午後は合奏。
プレリュードに毎回お越し頂いてる方はおわかりのように、私達はただ演奏する楽団ではなく、女優(お笑い)要素もたっぷりなので、合奏中ハーモニーの確認をする為に…
G(ゲーと読みます。)の方ー?
という質問をすると、元気良く皆で手をあげてしまう惨事…
嘘はついていませんね笑

今日の合奏ではGes(ゲス)な方バージョンで質問がありましたが、手を挙げるのをためらう姿が…笑

そして皆さんお楽しみにしているであろう2曲目の
お・た・の・し・み♡
の練習もたっぷりしました!
団員数名がフェロモン?(汗の臭い)に酔いしれていましたが…

皆さんもご一緒に盛り上がってくださいね♪

他団体の皆様も本番まで残り一週間頑張りましょう。

以上皆さんの♡を「狙い撃っち!」予定な吹奏楽団音響侍がお伝えしました。
[PR]
by preludemusic | 2013-07-14 19:05 | 参加団体から

SSKです!

みなさん、こんばんは!

SSK48です。
今年もこの時期がやってまいりました。

今回のSSKは念入りに練習し、舞台に挑みます!
(例年も念入りでしたが・・・)
吹奏楽経験者なら誰でも知ってるホルストの第二組曲に挑戦。
どんな演奏になるか!?
是非会場に足をお運びください!


さて、今回も全団体での合同演奏があります。
本日もその練習でした。
いい具合に仕上がってますよー!


そんなPrelude2013。
来週です!
暑い中、涼しいホールでの熱い演奏で皆様をお待ちしております!
[PR]
by preludemusic | 2013-07-13 22:56 | 参加団体から

こんにちは。長い名前のディベルティメントです。

たぶん団員の殆どが正式名称を知らない・・・・覚えてられない?
かくいう私も今、この間の定演パンフを確認したところ。

参加団体の中で唯一の弦楽合奏団です。

弦楽合奏団てなに?という皆様、ひらたく言うとオーケストラから管楽器と打楽器を抜いた
残りです。(マイナス思考)

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの4種類の弦楽器で構成されています。

さて、今回はイギリの作曲家グスタフ・ホルストの「ブルック・グリーン組曲」を演奏します。

ホルストとといえば「惑星」もしくは、その中の「木星」(Jupiter)が有名ですが、合唱曲や
協奏曲も作曲しています。

「ブルック・グリーン組曲」は1905年(31歳)から1934年(60歳)まで音楽教師として在職
していたセント・ポール女学院の音楽クラブのために書いたものです。(ちなみに亡くなる2ヶ
月前の作曲です)

ブルック・グリーンとはご執心だった女学生の名前・・ではなく、この学校があった地区の名
前だそうです。

ホルストは、この学校のためにズバリそのもの「セント・ポール組曲」という弦楽合奏曲も作曲
しています。何でも防音装置つきの音楽室を作ってくれたことへのお礼とか。

まあ「大番会館組曲」と「二丁目組曲」の両方があるようなものですね。

自分勝手な聞きどころ:

 第1楽章 さわやかに始まるのですが、曲が一番盛り上がるところは何故か態度豹変
        「なんか文句あんの?言ってみな!キー」みたいな感じになります。

 第2楽章 曲の真ん中でテンポが速くなってたから、元のテンポに戻りチェロが冒頭の
        旋律を弾いた後、ちょっとかわったハーモニーでもう1回その旋律をバイオ
        リンが弾きます。スタジオ・ジブリの映画音楽みたいに聞こえます(ホント?)

 第3楽章 曲はgigue(ジグ)というダンス・チューンの雰囲気なのですが、盆踊りになって
       しまうか?「リバーダンス」のようにカッコよく踊れるか?

       やはり真ん中あたりで第2バイオリンが新しいなめらかな旋律を弾きます。
       「のらりくらり帰ろう、そーだそーだ早く帰ろう、メシもまだだねー」と聞こえます。

 最後に団員募集のお知らせを。わたしたちは常時団員募集しています。楽器の種類は問いません。
 (でもバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスのどれかにしてね)

 見学希望や入団希望は下のアドレスまでお寄せください。

 団HP http://ww.divertimento.jp

見学・入団申し込み専用メールアドレス
     office@divertimento
       
[PR]
by preludemusic | 2013-07-12 08:00 | 参加団体から