ブログトップ

BASUEはBASUE

おはようございます。BASUE吹奏楽部です。

プレリュード、無事に終了いたしました。ご来場いただいた方々ありがとうございました。

スタッフの方々、出演者の皆様お疲れ様でした。

最後の合同演奏は圧巻でしたねー。ほんと気持ちよかった。音楽でひとつになれるっていいですよね。

今回のBASUE吹奏楽部の演奏曲目は「ジャパニーズグラフィティBASUE2010~今年の夏も独りよがり~」でした。ちなみに昭和な曲のメドレーなのですがそのラインナップは↓

心の頁に綴れない恋人を振り向かせようとしたり、いつまでも待ったり、待ちぶせたり、教会(・・・いや、中野ゼロ)の一番後ろの席で幸せを見せられたあげくに、一人でゆくのがお似合いなので、空の上でエアメール読んでコバルトの風になったりする曲でした。

曲名は各自で推測のこと(笑


「いやぁ、おもしろかったよ」

「計算された安っぽさが良かった」



と、音楽に対する感想なのかなんだかわからないお褒めの言葉をいろいろとありがとうございました。

ちなみに当日は

「えっ? 集合時間変わったの? メールなんて来てた?」(他の人は全員来てるんですけどー)

「んっとねぇ、ここに座って、視線は斜め上。それで吹いてくれたらいいから」(羞恥プレイのような演出)

「暑い。疲れた。ビールビール」(時間は午前10時55分)

「楽しかったー!!」

「すでに今日4回目の乾杯なんだけど」(打ち上げ会場にて)




BASUE吹奏楽部さんってば素敵☆と思ったそこのあなた、7月31日に見学会&入部説明会を行います。

お気軽にいらしてくださいませ。詳細は下記からどうぞ。

basue吹奏楽部  Official Web Site
[PR]
by preludemusic | 2010-07-20 12:52 | 参加団体から

祝 成功!

ディベルティメントです。

「梅雨明け」の暑い真昼間、お越しくださったお客さま
本当にありがとうございました。!

アツい指揮による、クールなロシア音楽・・・いかがでしたでしょうか。
テレビのように、演奏者側から指揮者を見るアングルの映像も同時
にお楽しみ頂けたら、きっと、きっともっと思い出深い演奏になった
・・・・・かしら。

合同演奏2曲は、普通の演奏会であれば全体を考えて「ペース
配分」を考えるでしょうが、お祭りのフィナーレということで、後先
かまわず全力投球した演奏だったと思います。
(まさか威風堂々で「ハミング→ウ→ア」に変更になるとは・・)

終了後、楽屋前の廊下で何人かのメンバーが目を赤くしていました。
普通は共演することのない仲間とひとつの舞台で合同演奏ができる
喜び・・プレリュード独特の魅力です。

最後になってしまいましたが、
演奏に参加された皆様、プレリュード事務局の皆様、ステマネチーム
の皆様、当日お手伝いを頂いた皆様 ありがとうございました。

また来年!!      の前にパレードが8月でしたね。










 



盛り上がってよかったです。
[PR]
by preludemusic | 2010-07-18 16:11

いよいよ本日です!

さて、あと約9時間で開演です。今日、東京中野がアツくなる!

200名超(実際は250名近く!)の出演者が、みなさまのご来場をお待ちしております!
さまざまな音楽を一緒に楽しみましょう♪



ご来場いただいた方には、パレード参加優待券のプレゼントもありますよ~。

d0158345_3294579.jpg


■日時
2010年7月17日(土)12:00開場 12:30開演

■会場
なかのZERO大ホール
http://www.nices.jp/access/zero.html
※昨年より会場が大きくなりました!

■入場料
1,000円
※セクシュアリティに関わらず「どなたでも」ご入場出来ます。
※フライヤーのご提示などは必要ありません。
※フライヤーは、協力各店(バーなど)にございます。
※お問い合わせは、お気軽に直接管理人までお問い合わせください。

■プレゼント♪
ご来場の方へ、パレード参加優待券のプレゼントがあります♪
※パレード当日、受付に並ばなくても参加手続きができます。
※午後に、パレード参加受付ができます。
※なお、各フロート15名分、先着順でのプレゼントです。
※詳しくは、プレリュード会場でお問い合わせください。
※パレード詳細は、WEBサイトでチェック♪
http://parade.tokyo-pride.org/7th/

■出演団体(50音順)
SSK48(吹奏楽)
音響侍(吹奏楽)
弦楽合奏団「アンサンブル・ディベルティメント」(弦楽)
Sing Out! Tokyo(合唱)
新宿男声合唱団(合唱)
Swingin' Panda Orchestra(ジャズ)←初出場!
東京カマさんコーラス『コーロ・エレガンテ』(合唱)
BASUE吹奏楽部(吹奏楽)
Brass MIX! (吹奏楽)
[PR]
by preludemusic | 2010-07-17 03:31

本番まであと2日!!

Bonjour!
Sing out Tokyoです。いよいよ今週末に本番を控えてにわかにわくわくしています。

Preludeは今回で6回目と言うことですが、Sing out Tokyo(そして僕個人も)は皆勤賞です。
なにしろ短い時間で10近い団体が演奏、しかも合唱と器楽でそれぞれ及び一緒に合同演奏まで
してしまうと言うことで、舞台裏は朝から晩までバッタバタです。


それでも毎年参加するたびに他団体の皆様と交流するきっかけとなり、
ジョイントで演奏をしたりお互いの演奏会を聴きに行く機会も格段に増えました。
自分達だけで楽しむのはもったいないですから、是非沢山のお客さんに来ていただいて
この楽しさを共有したいですね。個人的にはPreludeは音楽のお祭りです。


ちなみに当団は8月に不定期演奏会を予定していますが、
Preludeでの演奏曲目は演奏会には含まれていません。
是非、両方とも足をお運びください。最後の最後にウザい宣伝ですみませんが、
皆様のご来場を心待ちにしております!
[PR]
by preludemusic | 2010-07-15 05:00

BASUE伝説~SHOWA LEGEND~

おはようございます☆ BASUE吹奏楽部です☆

妙に登場回数が多いとかそんなことありません。お当番表のとおりにアップしているだけなんですよー。別にこんな腐れ記事を書きたくて書いてるわけぢゃ・・・(以下略

今さらながら他の団ってけっこう分担して書いたりしてるよね・・・(気づかないほうが良いことに気づく自分)

d0158345_13432241.jpgでも、本番が近づき他の皆様の頭もおかしく・・・いや、テンションが高まってきているようなので、自分がアップするブログが目立たなくて嬉しい限りです。

さて週末には最後の練習も行われました。

そういえば昨年のプレリュード本番から遅刻記録を延々と更新し続けている
Jさんは今日も遅刻でした。

本番も遅刻したら舞台上で羞恥プレイです☆




だんだんと曲よりもアホな演出に命をかけるようになります。

↓赤坂の道端でなにかよくわからない練習に励む二人

d0158345_1245388.jpgどことなくWink(ただし200%増量)

「なんかさぁ、演出がJちゃんに偏ってるよね」とか
女優たちの嫉妬心がスタジオに渦巻きます


当日誰か舞台上で失敗しているのを見たら

「あぁ、きっとあそこでホルン吹いてるあのオカマがなんか仕組んだのね。それともあっちの腹黒そうなあの子かしら・・・」と温かい目で見守っていただければと思います。

でも、貧乏臭い昭和な演出なので、失敗なんだか成功なんだかよくわからないという噂です。成功すればするほどお安い、みたいな。


そして、だんだんと曲よりも衣装のほうが気になってきます。

「ちょっと股開くのが辛いから〇〇着ても良い?」

「えー、そんなことしたらGちゃんのファンからクレームが・・・見せないと。身体使わないと(枕営業)」


さ、間もなくです(強引すぎる急展開)。ぜひとも中野へ。

大丈夫、うち以外はまともです。
[PR]
by preludemusic | 2010-07-13 14:01 | 参加団体から

オープニング

ハ~イ☆
ニホンのミナサン、コニチハ。

ワタシタチは、今度のプレリュードでゲストに呼ばれてマス。
オープニングでパフォーマンスする頼まれました。

あまり時間ない、だから1曲しか踊れないデス。
ニホンのみなさんに楽しんでもらえるよう、頑張りマス。

本場ブロードウエイのパフォーマンス、楽しむことできマス。
だから、絶対遅刻ダメね。
ワタシタチ、イチバン最初に出るヨ。

あ、ワタシタチ、ヤジマビヨーシツ違うよ。
間違う、ダメね。

デハ、土曜日に会いましょ~。
Bye☆
d0158345_310946.jpg

[PR]
by preludemusic | 2010-07-13 03:10 | 参加団体から

3度目の登場です、新宿男声合唱団です。
おはようございます!
 こんちわ!
 こんばんは!
 ど~も~!!
 ぎゃー!!!

 こうやってひととおり書きゃ、24時間いつ見られても対応OKってわけです。何が起こるかわからないこのご時勢、備えあれば憂いなしなのです。そう、ゲイも24時間営業の時代なの。
 ああ、いきなり余計なことを書いてしまいました。
 気がつけば、プレリュードが来週に迫りました。うおお、いよいよですね!各団体とも、最後の仕上げに入っているものと思います。

 …とは書きましたが、実際のところは「最後の仕上げ」というよりも「土壇場の悪あがき」に近いのが、音楽団体の本番前としては標準的な姿なんじゃないかと思います。笑
 あ、うち?…うちはもう余裕っすよ余裕。なかのZEROバッチコーイ!って感じです。
 ごめんなさいウソです。このあいだ、指揮者から「次のの練習は仕上げです。もう音取りは助けないので各自でどうにかしなさい(意訳)」とメールがまわったところです。
 普段とっても穏やかな指揮者様。彼からこのメールがまわるってことは、こりゃやべぇんじゃね…?ってわけで、団員一同は期末試験前の大学生ごとく、大急ぎで頭に音を突っ込んでいるわけです。
 そうそう、そこのアンタ、いくらゲイだからといって僕たち、○○に○○○を突っ込んでいるだけじゃないのよ!覚えておきなさい!!あっ、突っ込まれる側もいるんでしょうとか、そういうことでもないからね!
 ちなみに今、テレビで「耳をすませば」が放映されています。こんなさわやかな映画を観ながら、こんなにネバネバした文章を書けるようになった私。ずいぶんとこの団に入って成長したようです(※竹美注:書いているのは、入団1年目の20代前半の若い子です)。
 いろいろ書きましたが、曲の仕上がりは決して悪くないです。ここ数回の練習で、どんどん音楽が躍動的になってきているので本番では皆様にお楽しみいただける演奏ができると思います。ぜひとも、よろしくお願いいたします!
 新宿男声合唱団でした。よしなに。(←これ、団で流行ってるんです)
 
 《追伸》次の定期演奏会が、2011年1月30日(日)に決まりました。 
 ぜひぜひ多くのご来場お待ちしております!!
(※竹美注:場所は、昨年と同じあそこ・・・あそこで愛されて、あそこで別れた(ちあきなおみ)。相変わらずネタをねじ込むウザい私。「SATC」のキャリー級。でもどきどきすること止められない(どこ行ったリンドバーグ)しつこい)
[PR]
by preludemusic | 2010-07-12 11:56

やればできる子なんです

やだーもー、また遅刻だー。
お母さん、なんで起こしてくれなかったの?
起きなかったじゃなくて、起こして欲しかったのに。
じゃ、いってきまーす。あ、今日も遅いから夕飯いらない。

ということで、Sing out! Tokyoです。ごきげんよう。

前回も今回も微妙に投稿の締め切りに間に合っていません。
(言わなきゃわからないのに)
何もかも、お母さんが起こしてくれないのがいけないんです。

さて、当団8月に第5回の不定期演奏会を予定しており、
鋭意練習に励んでおります。今年は、合唱+ピアノという
オーソドックスな演奏ではなく、器楽とのコラボだったり
様々な趣向をこらしております。

さて、いよいよ今週末に迫ったプレリュードですが、
演奏会直前のこの時期に何を演奏するのか、団内で
議論となりました。
演奏会の曲をそのままやれば楽なのですが、それじゃ
ネタバレで面白くないってことで、別の曲をやることに。

今日は、ブログを読んでくれている方だけに、特別に
聴きどころを教えちゃいます!(偉そう)

1)YELL
いきものがかり のアノ曲です。昨年のNHK全国学校音楽
コンクールの中学の部の課題曲です。
どちらかというと、いきものがかりの歌うヤツの方が馴染みが
あるかもしれませんが、合唱版もイイですよ~。
3部合唱ですが、1番がシンプルに始まり、掛け合いをしながら
クライマックスまで盛り上がっていくのは、歌っていてもとても
楽しい!
中学校の卒業式とかのイメージなんですが、青春の甘酸っぱい
思い出を思いうかべながら聴いてみてください~。

2)Climb Ev'ry Mountain
ミュージカル The Sound of Musicからの名曲ですね。
映画などでアルプスを登る最後のシーンでかかるイメージの強い
この曲ですが、我々が目指すのはマリアをさとす修道院長さま。
「全ての山にのぼれ 虹を追い 夢を見つけるまで」
すてきなメッセージですよね。
当団設立して11年目ですが、節目節目でこの曲を歌ってきました。
テーマソングと言っても過言でない曲、このメッセージが皆様に
届くように歌いたいと思っています。是非お楽しみください。
でも、有名な曲だけに、演奏するのもドキドキするのですよね。


さて、本番まであと1週間をきりました。
楽譜のおさらいもしっかり、やって本番を迎えます。乞うご期待!
[PR]
by preludemusic | 2010-07-12 07:24

最後の練習

ふー
やっと練習が終わりました

シング アウト トウキョウです

後は
本番当日のリハーサル、本番のみです

頑張ろう!
[PR]
by preludemusic | 2010-07-11 17:00

あと6日?

こんにちは。ディベルティメントでございます。
毎日 暑いですね。当日何を着ていこうか迷います。
ことしは上の色だけ指定したので、いろんな衣装がある(はず)



ごたぶんにもれず、ウチにもジム通いしているメンバーがいてます。

「弦楽器弾くのにその上腕は必要ねーだろ」という人もいます。(wow!)

しかし、このガタイあってこそ厚みのある弦の響きが可能になるというもの。
(ホント?ほんとなの??)

当日 舞台で探してみてください。
(文章と現物に相違がある場合は現況優先とします)


さて、今回の曲目は超マイナーな曲ですが、最初に出てくる旋律自体は
ロシアの民謡風で親しみやすいものです。

練習中には指揮者から

     「北欧の短い夏が終わりかける頃合のせつなさ」
     「夜が明ける寸前の、濃い藍色だけど透明感のある空の色」

等々ロマンチックな言葉が連発され、夏といえばどこかの海岸だとか、どこか
のプールとかが活動拠点の我々には いささか高尚過ぎる曲かしら?と思う
ことも。
(え、わたしだけ?)


ウチらの後は、華々しく合同演奏が始まりますので、その対比もお楽しみ
くださいね
[PR]
by preludemusic | 2010-07-11 12:30 | 参加団体から