ブログトップ

カテゴリ:参加団体から( 131 )

こんばんは、夜分遅くにNECOパンチです。

いよいよPrelude当日まであと2日となりました!!
参加団体の皆さん、当日遊びに来てくれる皆さん、心の準備はいかがでしょうか!?
NECOパンチのとんでもパフォーマンスを受け入れる器の準備はいかがでしょうか!?

はてさて、我々NECOパンチをご存じない方もいらっしゃるかと思いますので自己紹介。
他の団体が各々素敵なハーモニーの歌声、演奏を聞かせる中、
我々NECOパンチは出落ち… もとい、ハーモニーはさることながら、
パフォーマンスでも見せる、魅せる、笑わせる?、そんな団体でございます。

さて、NECOパンチ公式でもアナウンス済みなので解禁と言うことで、
我々の今年の演目を簡単に紹介させていただきます!

まず1曲目は、今年活動を再開した宇多田ヒカルさんのぼくはくま
こちらの曲を我が団のアイドルが、100%のあざとさパフォーマンスをお送りいたします。

そして2曲目は、Winkの背徳のシナリオ
こちらの曲を例年をはるかに上回る振り付け、ダンスパフォーマンス付きでお送りいたします。

今年のNECOパンチはこの2曲!!
当日は全身全霊、全力でパフォーマンスに挑ませていただきます!!!

そんなPrelude2016は、6月25日(土)15時開演@タワーホール船堀!!!

皆さんのご来場を、お待ちしております!!!

以上、NECOパンチでした!
[PR]
by preludemusic | 2016-06-24 01:42 | 参加団体から

エイサーの始まり

こんにちは!新宿エイサー 新虹(あらぬーじ)です!
入団1年目の新人Tがブログ担当します。

もうすぐ、プレリュード本番です。
私は、プレリュード自体初参加なのでワクワクしています。

さて、私達は沖縄の伝統芸能である「エイサー」を踊っています。
エイサーとは何だ?という方もいると思いますので、一応沖縄出身である私が少し詳しく書いていきます。

エイサーの歴史は意外と古く、1603年に京都から来た上人(仏教での高僧の位)である袋中上人(たいちゅうしょうにん)が、念仏として伝えたのが起源とされています。

袋中上人は福島出身で、当時の琉球の人は袋中上人の念仏言葉の意味が分かりませんでした。
そこで、テーラシカマグチという人が念仏をウチナーグチに訳すとたちまち琉球全土に仏教が広まりました。
念仏に踊も組まれ、「踊り念仏」として踊られたのがエイサーの始まりとされています。

また、旧盆には先祖の霊と共に餓鬼もこの世にやってきて、餓鬼が先祖の供物を食べてしまいます。そこで、餓鬼にも供物をするのですが(これを施餓鬼(せがき)と言います)、琉球では餓鬼のお腹を満たすために踊り念仏が踊られました。

今でも、沖縄の一部の地域では旧盆のエイサーを「食いや念仏」と言われてます。
この事が、旧盆でエイサーが踊るようになったきっかけにもなります。

本番では、新虹のエイサーも本場の沖縄に負けないように熱く踊ります!
見てる人のお腹は満たされないですが、ワクワク感で心を一杯に出来たらと思います!

では、6/25に船堀でお会いしましょう。


[PR]
by preludemusic | 2016-06-22 07:30 | 参加団体から

さて第2回目の今回は〜
演奏させていただくうちの1曲目についてお話ししたいと思います♪

さて今回音響侍が始めに演奏させていただくのは
人気ゲーム
モンスターハンター
より

『英雄の証』
です!

さてモンスターハンター通称
『モンハン』
をみなさんはご存知でしょうか?
僕がまだピチピチの中学生くらいだった頃発売されたゲームで←聞いてない
当時はPS2でしたが、後にPSPでも発売され、最大4人でのプレイも出来るようになりました。
きっと多くの方が遊んだことがあるかと思います♪

中の人は大剣を振り回すのが大好きです(♡´艸`)

曲は…
冒頭は初めてフィールドに出た時のあの音楽です!!
そこからリオレウスに見つかって吠えられ…笑
よく聞くサビ?のメロディへ!

ってのはゲームしてる人しかわからないので…ちゃんと話します( ´ ▽ ` )ノ
………………………………………………
冒頭は視界が悪い霧の中からTpの旋律が聞こえます。
徐々に霧は晴れ明るくなっていき…
晴れた先からは冒険の始まり!!

Tb&Hr勇ましいメロディをリズム隊が鼓舞します。
木管楽器の連符には注目ですよ!!

中間部は木管や中低音の楽器が奏でる静かな夜のような場面。
決意を感じる中低音楽器の三連符
に豊かなメロディが奏でられます。
そして再び勇ましいメロディが演奏され、フィナーレへ!

………………………………………………

あくまで中の人の感性なので
これちがくねwwwww
ってなったらごめんなさい←
でも…
力強く勇ましいサウンド。
冒険へ行くようなドキドキ、ワクワクした気持ち
がみなさんに伝わればいいなぁ…

勝手に
中の人は思っております笑

さて次回最終回は音響侍の十八番

い・ろ・も・の♡

についてご紹介したいと思います♪

次回!音響侍♪3楽章
い・ろ・も・の♡ステージの謎』
乞うご期待!!

6月25日は船堀でいっしょに踊っちゃお?

[PR]
by preludemusic | 2016-06-21 23:02 | 参加団体から

こんにちは。クワイヤーボーイズです。

今日、練習後にファミレスに行ったら、
嫌いな
キノコがたくさん出てきてげんなりでした。
硬くなる、食べられない
キノコにはなかなかお目にかかれないのに皮肉なものです。

さて、今週土曜日はいよいよ
prelude本番です。

先週土曜日には合同演奏の最後の練習が、
そして先週日曜日にはクワイヤーボーイズの演奏曲の最後の練習が終わりました。

Sing out! Tokyo さんの記事にもありましたが、
先週土曜日の合同演奏の練習は圧巻でした。
部屋が暑かったのは、決して部屋が狭かったからではなく、
個人参加の方、そしてそれぞれの団体の皆さんの、
音楽への思いが熱かったからだと思っています。
ちなみに僕は、練習の合間に、短髪ガチムチな出演者の皆様に
熱い・・・いや、生暖かい視線を送り続けていましたが(汗)

さて、クワイヤーボーイズの単独演奏は
「とむらいのあとは」 、
「道」という二曲をお送りします。

「とむらいのあとは」は、最近合唱界でよく取り上げられている
信長貴富さん作曲の無伴奏曲です。
「とむらい」という決して明るくはないテーマですが、
その「たましい」を暖かく優しい響きをもって
ホールを満たすことができればと思っています。

もう一つの「道」、森高千里の・・・
(歳がバレますね)ではなく、
某ヴォーカル&ダンスユニットの曲で、最近は卒業式の定番となりつつあるとか。
「道」は、11月27日に、神奈川県某所である、
当団の第22回演奏会でも披露しますが、今回は
別バージョンでお届けします。
団員一同、楽譜と格闘しながら練習してきました。
その一人一人の思いが、
聴きに来られている皆様に伝わるように頑張りたいと思います。

当日は、
クワイヤーボーイズはもちろん、それぞれの団体の演奏も、
是非聴いていただきたいと思います。
合唱団だけでも、メンバー構成、選曲、響きがそれぞれのカラーがあります。
もちろん、吹奏楽や弦楽合奏、エイサーもしかりです。
是非見比べ、聴き比べてください。

25日、preludeは14:30開場、15:00開演です。
新宿からなら、
都営新宿線急行で30分かからずにタワーホール船堀に到着します。
一人でも多くの方のご来場を、団員一同お待ちしております。

クワイヤーボーイズ バリトン あかし でした。

[PR]
by preludemusic | 2016-06-21 18:00 | 参加団体から

つらい月曜日が終わろうとしています。
皆さまどのような一夜をお過ごしでしょうか。
こんばんは。弦楽合奏団 アンサンブル・ディベルティメントです。

さて、今回のブログは、本プレリュードに参加する唯一の弦楽団体ということで、弦楽器についてお話ししたいと思います◎

オーケストラや弦楽合奏で通常使われる弦楽器は、
バイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス
の4種類で、バイオリンはさらに2パートに分かれます。
それぞれのパートについて、独断と偏見に基づきご紹介します!

①1stバイオリン(通称ストバイ)
主旋律が多い花形パートです。

②2ndバイオリン(通称セコバイ)
ストバイの旋律をオクターブ下で補強したり、旋律の掛け合いをしてみたり、和音で曲の雰囲気を作ったり、刻みや後打ちで曲に推進力を生み出したりと、地味ながら多彩な役割を持つ重要なパートです。

③ヴィオラ
セコバイと似た役割のパートですが、バイオリンよりも音域が低く、深みのある音で合奏を支えます。
某皇太子様もご演奏なさります。

④チェロ
よく響く音色で表現力も高く、旋律から伴奏まで何でもこなすパートです。

⑤コントラバス
最低音を担当し、合奏を下から支える縁の下の力持ちパートです。

…セコバイの分量が多いのは、単純に中の人の思い入れです笑(プレリュードではストバイですが…)

プレリュード当日は、それぞれのパートがどのような役割をしているかに注目して聴いていただくと面白いかもしれません。


また、当団では随時団員を募集しております。
練習の見学も出来ますので、お気軽にご連絡ください!

当団HP: http://www.divertimento.jp
見学・入団申し込み専用メールアドレス: office@divertimento.jp



[PR]
by preludemusic | 2016-06-20 23:41 | 参加団体から

こんにちは、最後のお願いに参りましたSing out! Tokyoです... 笑 いよいよ本番まで1週間を切りました!梅雨入りもしてしまいましたがそんなことは関係なく、各団最後の練習に取り組んでいることでしょう。

昨日は最後の合同演奏練習もありました。どの団にも属していない一般参加の皆さんも含め、今回の総出演者人数はなんと200名を超えます!昨日も全員がその場に集まれたわけではないものの、改めて規模の大きさを実感することができる場になりました。当日がますます楽しみです。


さて、Sing out! Tokyo1は今回、月9ドラマ主題歌「明日への手紙」と、千原英喜氏が作編曲した「もう一度」という合唱曲の二つを扱います。

「明日への手紙」は、若者が未来の自分に向けて書いた手紙という仕立ての中で、見えない明日に不安を覚えながらも今を生きる決意が描かれています。「もう一度」もテーマとしては明日への道を描いた作品ですが、漠然とした不安ではなく明確な挫折や失敗を思わせるフレーズがあり、それでも明日へ進んでいくという明確な意志と真の強さがが感じられる曲です。

「もう一度」の作詞を担当された星野富弘さんは元々中学校の体育教師だったのですが、24歳の若さにして脊髄を損傷して手足の自由を失い、その後口に筆をくわえて絵や詩をかくようになり、地元に美術館が開館される他にも国内外で花の詩画展が開かれるようにまでなったそうです。

大きな挫折を経てなお立ち上がり、大きな功績を残された方ということで一見遠い存在に見えてしまいますが、誰もが生きる上では自分自身にとってはそれなりのインパクトのある挫折や失敗を経験することがありますよね。その時、どうやって自分自身と向き合うのか。今回の2曲は一つのあり方を示してくれると思います。


ちょっと固い感じの紹介になってしまいましたが、Sing out! Tokyoはわりとこういう青臭い曲が似合うと昔から言われているので(笑)、団のカラーはよく伝わるのではないかと思います。とはいえ技術がなかなか追いつきませんので、これより最後の追い込み練習行ってきます!それでは、皆さんと6/25土に船堀でお会いできるのを楽しみにしています!
[PR]
by preludemusic | 2016-06-19 10:53 | 参加団体から

NECOパンチです

おはようございます、NECOパンチ(ねこぱんち)です!!
今回はベース及びダンス担当のMがお送りします。

前回の当団書き込みにてお伝えしました通り、
今年も我々NECOパンチは他の団とは一風違う、破天荒なテイストで継続してお届けさせて頂きますっ!!

曲目についてはまだ伏せさせていただきますが、
前回もお伝えしました通り、1曲目は当団きってのゆるキャラをメインに、
今までのNECOパンチのイメージから大きくそれて、ただただ可愛らしい曲をお届け。

そして2曲目、これまでもNECOパンチは歌だけでなく、フリを付けて動きも含めたパフォーマンスをお届けしましたが、
今回はそのフリ部分に特化し、シンガーとは別にダンサー枠を設立。
歌だけでなく、踊りの部分でもガッツリ魅せて行きます!!!
去年までとはまた違うNECOパンチ式パフォーマンスを、ぜひ、ぜひ!お楽しみに♪♪


はてさて、そんな我々NECOパンチ、Preludeはもちろんのことながら、
12月には単独公演も控えております。
日程は12月4日(日)!!!
こちらもぜひ、ぜひ!!お楽しみに!!みなさんのお越しをお待ちしております!!

しかーし、まずは6月25日(土)タワーホール船堀にて、Prelude 2016に、ぜひお越しください!!!

NECOパンチ、今年もやりちぎるよー!!!
[PR]
by preludemusic | 2016-06-17 09:00 | 参加団体から

おはようございます。新宿エイサー新虹(あらぬーじ)です。
今回は入団8年目のKが担当させて頂きます。

『No Rain,No Rainbow.』
6月。雨の季節になると、このことわざが頭に浮かびます
『雨無くして、虹は無し』

主に代々木公園で練習している僕らにとって雨は大敵。
スッキリしない空を見上げて思わず溜め息をつく日もありますが、雨上がりの練習では雲間から差す光、雨露に濡れる緑や紫陽花、たくさんの自然を感じながら練習しています。
本番に向けて、基本的な姿勢やバチの回し方をしっかり身につけながら、振りを一つ一つ確認、練習して練習して、メンバー同士の動きを揃えて…。
沖縄が好き、皆と楽しみたい、誰かの為に踊りたい、自分の踊りを見つけたい…、みんなそれぞれの思いを抱きながら練習しています。

太鼓を叩きながら、声を張り上げ、跳び跳ね、回転し、魅せながら舞う。
エイサーは見た目以上にハードです。演舞終盤、正直辛いなと感じるときもあります。
そんなとき周りを見ると仲間がいて「まだまだ行ける!」って頑張れるんです。
顔を見合って、お互いを意識して、声を踊りを太鼓の音をシンクロさせていく。エイサーに対する思いはそれぞれ違っても、踊ることが好きって想いがみんなを一つにさせてくれる。

『No Rain,No Rainbow.』
このことわざにはもう一つ意味があります。
『涙のあとには必ず良いことがある』

メンバー同士、ときにはぶつかることもある。本番で力が出せなくて悔し涙を流す日だってある。

それでも踊り続けるんだ。
流した涙や汗の分だけ、感動は生まれる。一人じゃない。

そう信じて。


今年の演舞は、エイサーを観たことある方も、初めて観る方も、身体を動かしたくなるような曲で構成しています。
是非、僕らと一緒に手拍子足拍子で楽しみましょう!

6月25日、それぞれの想いを胸に迎えるプレリュード。
大きな虹がかかりますように。
[PR]
by preludemusic | 2016-06-16 09:00 | 参加団体から

こんばんは!
2回目の登場、クワイヤーボーイズです!

前回のブログで某氏からキラーパスを受け取ったので、今回は編曲者の私が曲紹介をお届けします。
(しかし当代一の売れっ子作曲家・信長先生の作品と拙作とがプログラムに名を連ねるなんて…嬉しいとかそういう次元じゃなくもはや恐怖でしかないわ……。)


老舗ゲイ合唱団体であるクワイヤーボーイズ、なんと一説によれば(?)私と同い年らしいですね。何やら歴史の重みを感じます




……えっ平均年齢?

そんなものを書こうものなら偉~いおばさまお兄さん方からコワい顔をされちゃいそうなので、皆さまのご想像にお任せいたします(キリッ
(でも去年から散々言われてますがこの1年間で大幅に若返ったはずなんですよ…?)



さてそんな弊団の持ち味、それは男声合唱らしいアブラの乗った重厚なハーモニーと、情念たっぷりの繊細な歌心
要するに外見は野郎系なのに内面は妙に乙女、ってだけ覚えて帰ってくださいね。


今年はそれを少しだけ爽やか方向にシフトして、青春の輝き溢れる1曲をお届けいたします。



曲はズバリ、
某ダンス&ボーカルグループの珠玉のバラード
『道』
なんとPrelude 2016スペシャルエディションでお送りします。


この曲は
『卒業ー記念にください ボタンをひとつー』
と題してお送りする今年のクワイヤーボーイズ演奏会(11/27, 於 神奈川県某所)のお楽しみステージの中の1曲です。

カッコ良く言えばシングル・カットね。

使い回しとか言っちゃダメ、絶対。




さてその某ボーカル&ダンスグループ、

あんなにわんさか人数がいるのに1人もイケる殿方がいないわ!

と私はずっと思って曲もあまり聞かずにいたのだけれど、(あと30-40kgくらい肥えてればなあ…)

どうやら最近の卒業式の定番ソングの1つになっているらしいの
私はずっと食わず嫌いしていたけれども、定番になるだけあって、切なくてキャッチ―なメロディと、誰もが感情移入する余地のある懐の深い詞世界が特徴のとってもステキな曲です。


卒業の思い出……。
高校時代に大好きだった柔道部のK君(仮名)を思い出すわ……。




……。



……………。



……………………。



……………………………………。




うぉっほん。閑話休題。
さて今回のアレンジの聴きどころは、ポップスの楽しく弾けるリズムと、ちょっぴりJazzyな切ないコード感、そして男声合唱ならではの重厚で暖かいハーモニーの融合。


梅雨空を晴らすような、あたたかくて、それでいて切なくノスタルジックなハーモニーで、皆さまに少しでも前向きな気持ちになってもらえたら、なんて思います。




それでは皆様、お楽しみに~。
6/25(土)タワーホール船堀
でお待ちしております。


ついでに11月の弊団演奏会、そして入団・見学のお問合せもこちらの【クワイヤーボーイズHP】よりどしどしお待ちしております。
特に音楽好きのステキな太め男性の皆さん~是非に~←


以上、クワイヤーボーイズより、セカンドテノールのよこちんがお送りしました。



.
[PR]
by preludemusic | 2016-06-08 17:00 | 参加団体から

音響侍吹奏楽団part1

《音響侍吹奏楽団》
おんきょうむらいすいそうがくだん
です♪

プレリュードのブログは音響侍公式ツイッターアカウント中の人が担当させていただきます。
今年でもう4年目になるなんて時の流れは残酷なんですね…(真顔

毎年第一回目の投稿恒例。
団の自己紹介をします!
私達は主に川崎市内をメインに東京都内などで活動しております。
団員は約60名
年齢層は20歳〜5♡歳まで
平均年齢は28.9歳
(30歳を切りました!!)
練習は毎週日曜午後
練習時間は基本
13:00〜17:00
個人練習やパート練習もありますが、主に合奏を行っています。
練習の後は毎回有志で飲み会があって終電間際までいる団員も多いです笑

今回の音響侍は一味違いますよ?
いつもは今まで演奏したレパートリーの中から選曲し、演奏する事が多いですが…
今回披露する曲すべて、なんと

新曲です!!(パチパチパチ…)

練習期間は約一カ月しかありませんが、
新しい曲をお客様に楽しんでいただけるように団員皆気合いを入れて練習に取り組んでいます。

演奏する曲目については…
また次回のブログで!

次回…音響侍。
『ひと○○行こうぜ!!』
お楽しみに。

さて。
当団では団員をまだまだ募集しています!
特に…
B♭Cl
Hr
Perc
を大募集しています♪
まずは以下のアドレスへアクセス。
そこから見学フォームへお問い合わせくだされば担当の者からご連絡させて頂きますので、気軽にどうぞ!
http://onkyo-smri.sakura.ne.jp/member.html




[PR]
by preludemusic | 2016-06-06 19:00 | 参加団体から