ブログトップ

弦楽合奏団 アンサンブル・ディベルティメントです!!

つらい月曜日が終わろうとしています。
皆さまどのような一夜をお過ごしでしょうか。
こんばんは。弦楽合奏団 アンサンブル・ディベルティメントです。

さて、今回のブログは、本プレリュードに参加する唯一の弦楽団体ということで、弦楽器についてお話ししたいと思います◎

オーケストラや弦楽合奏で通常使われる弦楽器は、
バイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス
の4種類で、バイオリンはさらに2パートに分かれます。
それぞれのパートについて、独断と偏見に基づきご紹介します!

①1stバイオリン(通称ストバイ)
主旋律が多い花形パートです。

②2ndバイオリン(通称セコバイ)
ストバイの旋律をオクターブ下で補強したり、旋律の掛け合いをしてみたり、和音で曲の雰囲気を作ったり、刻みや後打ちで曲に推進力を生み出したりと、地味ながら多彩な役割を持つ重要なパートです。

③ヴィオラ
セコバイと似た役割のパートですが、バイオリンよりも音域が低く、深みのある音で合奏を支えます。
某皇太子様もご演奏なさります。

④チェロ
よく響く音色で表現力も高く、旋律から伴奏まで何でもこなすパートです。

⑤コントラバス
最低音を担当し、合奏を下から支える縁の下の力持ちパートです。

…セコバイの分量が多いのは、単純に中の人の思い入れです笑(プレリュードではストバイですが…)

プレリュード当日は、それぞれのパートがどのような役割をしているかに注目して聴いていただくと面白いかもしれません。


また、当団では随時団員を募集しております。
練習の見学も出来ますので、お気軽にご連絡ください!

当団HP: http://www.divertimento.jp
見学・入団申し込み専用メールアドレス: office@divertimento.jp



[PR]
by preludemusic | 2016-06-20 23:41 | 参加団体から