ブログトップ

新宿男声合唱団ですよ~

新宿男声合唱団の2周目です!
また竹美です。
梅雨っぽいような、そうでもないような、妙な天気ですが、いかがお過ごしでしょう。

こうしてブログを何度も書いていると、だんだん書くネタが無くなるものですが、
他の団体の方達は一体どうやっているんだろう・・・社会性というやつかしら・・・

ゴゴゴゴゴ・・・・・
私には、もはや、普通のことを書くのはMURI!!

LGBT演奏会と銘打ったプレリュードだけど、今日は、LGBTらしさって何かしらって考えてみたわ。

事実上、出演者の90%以上がG=ゲイ、
しかも文化系ゲイの集まるプレリュードなので、
逞しい肢体を太陽の下で惜しげもなく晒す「野郎大集合!世界熊祭り」みたいなことは不可能・・・
となると、もう私たちに残されているのはオネエ精神くらいしか無いじゃない!!!

オネエはね、普通の人の2倍か3倍くらいの早さでものを考えてしまうのよ。つまり、同じ時空を生きてないの!!
どっかもう違う時空に行ってしまってる人が時々いるでしょ!?
考えたくなくても、もう考えるのが癖になってるから止めらんない。
日々余計なことを考え、毒な自意識でパンパンなオネエがそこにっ(私だけかしら・・・)!!!!!


新宿男声のやりたい歌、というのは、そういう「オネエ精神」的な歪みと、楽器である身体は男性、というゲイならではの「バランスの悪さ」を思う存分表出させることなのではないかな、と最近は思います。
私たちの歌い方は、合唱らしくない、ざらざらしている、まとまっていない、ということを聞きます。
変かもしれませんが、そう言われる方が実はうれしいの!だからもっと言って!!!
実際のところ、新宿男声の歌唱が一体どこに向かってるのか、私たち自身にもはっきり分かっていないと思います。
ところで、LGBTのどれかに生まれてしまった人、何らかの「隠れた少数派」に生まれてしまった人は、これまで「行き先や正解を教えてもらえない」毎日に取り組んできたはず。そして、生きてる限り、多分ずっとそのまま。分かってるつもりが実は本当は全然分かってなかった・・・なんてこともザラ。
でも、分かんなくても思い切ってやってみるしかない。
新宿男声でやってることって、そういう私たちの日常の縮図なのかなあと思ったりします。


眠いし、疲れてるし、もうムリヤリ書いてるから何言ってるか分からなくなってきたけど、
プレリュードでも、私たちのやりたいことを思いっきり出せたらいいなと思います。

では、会場で!!!
※よかった、今日の日付が変わる前にアップできたわホホホホホ木木木木木ホホホホホホホホホホホ木木木木ホホホホホホホホホ
[PR]
by preludemusic | 2015-06-23 23:55 | 参加団体から