ブログトップ

Preludeまで後少し!Sing out! Tokyoです

皆様こんばんは、Sing out! Tokyoです。Preludeの日まで後数日足らず、少し涼しくなったと思ったらまた暑くなってしまいましたね。当日は夏の暑さに負けない熱い演奏で会場を盛り上げて行きたいと思いますので、皆様是非足をお運びください!

さて、本日は当日演奏する楽曲について少しご紹介したいと思います。今回当団は編曲は全て当団の練習指揮者によるオリジナルで3曲お届けします。黒人霊歌、ミュージカル曲、J-POPSと一件バラバラに見えるジャンルから選曲していますが、個人的には「祈り」がキーワードとなって繋がっているように感じています。

1曲目の黒人霊歌は非常に有名で、音楽の好き嫌いに関わらず誰もが耳にしたことがある曲だと思います。元々は歌詞のみが先に作られ、その後曲がつけられて有名になったものだそうです。不遇な人生を送ったある男が、航海中に荒天に巻き込まれた後に奇跡的に助かった経験から、「神は必ず自分たちを見ていて、深い恵みを与えてくれる」と言う信仰心を詞にしたものと言われています。

2曲目に選ばれたのはマイナーなミュージカルからゴスペル風のアカペラ曲。歌詞に登場する「Mama」と言う人物に許しを求めるような内容が、ただの母親ではなく聖母をイメージした宗教曲のように解釈出来ます。

そして3曲目は、LGBTにとっては有名なシンガーソングライターが15歳のときに書いたと言う曲。達観したような歌詞でありながら、どこかで彼女が当時抱えていた深い悩みと葛藤をの行き場を探しているような、「救い」を求めているような空気を感じます。私達自身もどこか共感出来るような思いを、団外からゲストとして招いたピアノとチェロの伴奏に乗せてお届けします。


当団のみならず、この数年感の中で各団体それぞれの個性がよりはっきりと出てきていることが確認できるこのイベント。今年もたくさんのお客様とその空気感を共有出来れば何よりです。7月21日、皆様とお会い出来るのを楽しみにしています!

Sing out! Tokyo
[PR]
by preludemusic | 2013-07-18 22:23 | 参加団体から