ブログトップ

新宿男声合唱団ですよ・・・

段々クソ暑苦しくなってまいりました。
私にとっては、体から汗臭さを放ち始める季節になりました。
そんなのはあたいだけかいッ?えェッ?
やっぱりあたしはどぶ川暮らし・・・

皆様はいかがお過ごしでしょうか・・・

新宿男声合唱団の竹美(ちくび)です。
今年もプレリュードの季節が近づいてまいりました。
それでは、我が団の紹介をしましょう。


①14名の狂えるオカマたち
gleeで言えば、州大会に出場ができるかどうか・・・という少人数合唱団です。
♪ルーザーラィクミーーー♪
だから、gleeの曲も演奏会で歌ってみました。
本当はプレリュードでも演奏したかったのですが、時間の都合上、取りやめました。

②文京から太田まで
名前に「新宿」と入っているくせに、新宿区で練習をしておりません。新宿に帰りたい。
でも、練習場所が取れないんです!
いつも、場所取り係の子が必死に予約してくれているんですよ!
そもそも場所取りも大変みたいです。
ど、どこでもいいからさぁ・・・・場所が欲しいんだよ・・・ここ、ここ、ここ入れてーーーーーーーェェェェェェエエエエエオエエオアア
だから、せめて演奏会だけでも新宿区に帰ります。
でも、新宿区にこだわりすぎるあまり、場所抽選に落ち続け、演奏会開催にもずいぶん時間がかかりました。

③あたしたちの一番好きなコト
ババァノリのしゃべりが大好き、、、つまり、誰かが話し始めると、他の人も同時に話し始めるんですね。
休日の午後ファミレスで初老女たちが展開しているおしゃべりお茶大会と同じってことだよッ!!!

でもねぇ!これは好きとか嫌いとかじゃない!!!そういうのはねぇ!!素質。
オネエセンスはねぇ、身に着けるものじゃない。あるか無いかよ。
だからぁ、選べない!!!自然とそうなってしまうの。
映画「スラムドッグ$ミリオネア」の最後の言葉のように「It was written.」=「最初から決まってた」という思いをかみ締めながら、「面白い人生」と「正気の人生」との間を揺れている・・・

私だけでしょうか・・・いいえ、誰も。
・・・私だけじゃないわぁあああ一人にしないでええええぇぇえええ

④オネエにラブソングを・・・
さて、私たちの合唱団が得意(と言いたいわ)とする演奏曲ジャンルは、ルネサンス期のヨーロッパの音楽です。聖歌と世俗曲を交互に歌っています。
そう言えば「聖と俗」って・・・何か昔・・・九州地方の落書きでよく見たような・・・
ま、キレイとお下品を行ったり来たりしながら歌っています。
とは言え、合唱経験の少ないメンバーの多い私たち・・・人前で歌うまでにはそりゃあもうしんどい練習を積み重ねます。修行です。
今年はイタリアの世俗曲を歌います。
イタリアと言えば、「アマーレ、マンジャーレ、カンターレ(愛して、喰って、歌って)」な印象ですが(そして多分そのとおりの社会ですが)、今回の歌は比較的お下品がありません。

ちなみに過去、最もエロ度とお下劣度が高かったのは、フランスのシャンソンです。
もーすごかった。2ページ目で既に行為にふけって2番で「もう一回!(大塚愛)」な歌とか、
冒頭から朝の勃起のことを暗示した歌とか、
森の木陰でどんじゃらほい、な歌とかそんなのばっかりでした。

あとは。。。ポップスを歌ってみたり、日本の合唱曲を歌ってみたりしています。

もう1曲、今回のプレリュードでは、80年代~2000年代までのうれしはずかしジャニーズの歌をメドレーで歌います!

80年代末期のアイドルグループは「♪僕のポテトは○ン○ン○ン、○ン○ンポテトマイクロサイズー(違)」なんてシモネタ丸出しでしたね。最近まで生き残っているアイドルはせいぜい「裸で何が悪い」程度のことしか言ってくれないんです。寂しいわ。あふん。


・・・寂しいオカマが昼休みに日記を書くとこうなるのよ・・・この人間には・・脈絡が無い(黒い家)・・・
・・・・ふ・・・ふふふふ・・・・思い知るがいいわ・・・・



プレリュードは、夏の始まりを告げるLGBTの音楽イベント。
多数の住民がソドミー行為に及んでいる町(中野)にぴったりね。楽しんでいただければと思います!
私らもいい演奏ができるよう、頑張ろうと思います。
よろしくお願いいたします。もう夏はそこまで来ているよ・・・



・・・最後だけ爽やかぶろうって根性が気に食わないねぇ・・・(ブツブツブツ・・・)

新宿男声合唱団
竹美

新宿男声合唱団のHPです。団員、絶賛募集中ですよ!
新宿男声合唱団
[PR]
by preludemusic | 2012-06-19 13:04 | 参加団体から